珪藻土の隙間やひび割れができる原因と対策

query_builder 2022/09/05
コラム
20

自宅の壁の珪藻土に、隙間やひび割れが出来てお困りではないでしょうか。
大切なご自宅だからこそ、早めに補修したいですよね。
そこで今回の記事では、珪藻土の隙間やひび割れができる原因と対策について紹介します。

▼珪藻土の隙間やひび割れができる原因と対策
■珪藻土の隙間やひび割れができる原因
時間経過による下地材の変形や収縮が、珪藻土の隙間やひび割れができる原因です。
また地震や大型車両通行に出来る振動の影響でも、隙間やひび割れが発生してしまいます。
もちろん施工業者は隙間ができないように施工しますが、時間経過に伴い隙間を防ぐことが難しいです。

■対策
まずは珪藻土の隙間が出来てから、一年は様子を見ましょう。
気温の変化で、下地材が伸びて隙間を埋めてくれる可能性があるためです。
早急に隙間を埋めると、収縮が戻った場合に隙間を埋めた部分が剥がれる恐れがあります。

ひび割れしている場合は、傷の周りをサンドペーパーでこすり、霧吹きスプレーで水分を含ませます。
その後、水で練った珪藻土を周りの壁と馴染むように塗って、乾燥させるといいです。
隙間が出来て1年以上経っている場合は、定期的なメンテナンスが必要になります。
珪藻土の隙間をご自身で対応することは難しいので、プロに依頼しましょう。

▼まとめ
珪藻土の隙間やひび割れができる原因は、下地材の変形や収縮によるものです。
ひび割れは、水で練った珪藻土を使うことで対策できる可能性があります。
また珪藻土の隙間は収縮が戻る可能性があるので、1年ほどは様子を見ましょう。
1年以上経過している場合は、業者に依頼することをおすすめします。

記事検索

NEW

  • 珪藻土の隙間やひび割れができる原因と対策

    query_builder 2022/09/05
  • 漆喰の壁にフックを取り付ける方法

    query_builder 2022/08/29
  • 柿渋塗料の特徴と柿渋塗料のメンテナンス方法

    query_builder 2022/08/22
  • 柿渋塗料の塗り方

    query_builder 2022/08/15
  • 珪藻土塗料をDIYで壁に塗ることはできる?

    query_builder 2022/08/09

CATEGORY

ARCHIVE