湿気の多い梅雨時には珪藻土を

query_builder 2022/06/12
ブログ
CB625B73-F375-4936-8F3B-EFDB92D087F0

先日クリナップさんのショールームで展示会をさせて頂きました!

沢山のご来場者さんありがとうございました。

私事ですが、家を建て5年が経ちました!

当時は最新設備を投じた我が家ですが、使用していく中でやはり後悔はあります!

まだまだ買い替えなどをする予定はないのですが、それでもショールームに行きますと新しい商品が沢山あり、胸がわくわく踊りますね!

クリナップさんは特にステンレスのキッチンが素敵ですね!


さて、表題の

「湿気の多い梅雨時には珪藻土を」ですが、

東京も梅雨に入りました。

気温と湿度が高いこの時期は過ごしにくいですね、

何かとイライラしがちです!

でも、温度を変えなくても、湿度・湿気をコントロールするだけで体感温度がガラッと変わる事はご存じですか?

そこで、珪藻土を室内に塗ると湿度つまり湿気をコントロールしてくれると言う話になるのですが、

柿ウォールは、漆喰と珪藻土をブレンドした自然素材100%の壁材です。

壁に塗れば、梅雨時期には、はっきり体感出来るぐらい調湿をしてくれます。

室内がカラッとして過ごしやすくなり、イライラする事も減ります!

珪藻土には、樹脂が多く含まれている商品も多く、樹脂を含みますと珪藻土の湿度コントロールの良さが失われます。

お買い求めの際は、樹脂が入っていない自然素材を選ぶとより高い効果を得られます。


柿ウォールは、漆喰と珪藻土をブレンドした自然素材100%の壁材で、湿気のコントロールに高い効果があります。

更に柿渋タンニンが含まれおりますので、室内空気の抗菌・消臭をしてくれます。


手でもビニールクロスの上から塗れるので、道具もいらないですし、簡単なDIYをお楽しみ頂けます。


皆様にも、ぜひ快適な梅雨を過ごして頂きたいですね。。

記事検索

NEW

  • 湿気の多い梅雨時には珪藻土を

    query_builder 2022/06/12

CATEGORY

ARCHIVE